blog@技ボラ


debug:use single.php template

ノートパソコン修理に挑戦 Ⅰ

これまでデスクトップPCはほとんど自作でしたが、最近は個人用?エプソンエンデバーNT7000ProとWEB仕事用にDellの17インチノートとメーカー製のノートばかり使用しています。

使用中のノート(04/05/購入Endeavor 7000Pro)のLCDの一部の密封不良かエアがはいっってしまったようなので、この機会にこれを取り替える作業のレポートを記録します。

EPSONに交換費用を問い合せた結果、『製品出荷時より本機に搭載しているLCD ユニットの料金は59,000円前後でございますので、概算となりますが、LCD ユニットのみを交換させていただいた場合、部品代金を含めた修理代金の総計として、73,000円前後の料金をご負担いただくこととなります。』っと言う丁寧な回答をいただきましたが、73,000円といえば今時新品が買えそうな金額で、ハードルは少々高いですが自前修理の方向で行くことにしました。

まず使用LCDの型番を確認するために一度LCDパネルの部分を分解してみます。

事前に心の準備?をするために液晶交換のデモをビデオクリップで見て置きましょう。

外見写真の赤丸印にネジ穴がありそうなのでゴムカバーをカッターでこじって取り除きます。bezel中のネジをはずします。フロントベゼル(表面のカバー額縁)は爪ではめ込みなので丁寧に端から外していきます。

っと言いつつ私は失敗しました。このPCのフロントベゼルは上下で厚み部分のフレームとつながっています。ですから外す時には下は裏側から捲るように外さないと爪のひっかかり部分を欠いてしまったりします。上は扉の開閉ラッチつまみごとはずします。それからベゼルの左右部分は中のLCDブラケット(LCDを固定する金属枠)に接着させてありました。ご用心。

bezel_remove

フロントベゼルを外した状態(ベゼル取り外し.jpg)。ここからLCDパネルをリアパネル(PCの扉)から外すのですが、ここでもチョット厄介な事になりました。ビデオデモのDellではブラケット側面のネジを直接ドライバで回せますがこのPCは側面のマチは扉と一体、つまりブラケットはリアパネルに埋まっているのです。したがってブラケットごとリアパネルから外す事になります。そうするとブラケットは下部でヒンジ(蝶番)上部でもしっかりリアパネルと固定されていますので処理するネジが大分増えます。なによりもヒンジは扉全体重を支えている訳で、ここで作戦間違いに気が付きます。私は扉を中途半端に開いた状態で作業を開始しましたがネジを外すことによってどうしてもヒンジに無理な荷重がかかってしまいます。horizontal

次回は水平まで扉を開いた状態でやりたいと思います。45
それとも、そのままでブラケットからLCDをはずす別の方法があるのかしら?

***************
あとはケーブル留めテープを剥がしてビデオケーブルとバックライト用のインバーターケーブルを外すだけで分解完了です。
これは特別な事も無く其々簡単にできます。
*******************************

これでLCD裏面の表示からタイプが判明しました。
LG Philips LP154W02 (A1)

海外も含めてあちこちググってみましたところ、国内の『液晶プロ』(http://www.ekishopro.co.jp/)が結構安く扱っていたのでこちらで調達する事に。
価格:25,000円
送料:1,800円
合計:26,800円

っとまあ費用は1/3になったのですが、相変わらず金欠中につき換装レーポートはまた何時の日か...。

Posted in blog and つれれれ草 10 years, 2 months ago at 4:49 PM.

3 comments

3 Replies

  1. 感謝!非常に参考に投稿!

  2. 何処の何方か...Honma様。
    でもこうしてなんしか「感謝!」なんてされちゃうと嬉しくなりますねぇ(^^)
    よかったよかった。

    只今はHDDリサイクルと今使用中のエプソン7000Pro起動不良事故のレポートを作成中。

    また何かの役に立てれば幸いです。

  3. smellaapaks 1月 20th 2012

    このコメントを承認して表示を許可しておりますが、”アブナイ”サイトからの情報だと考えられます。
    リンクサイト閲覧には十分ご注意ください。

    私たちのチームは、品質偽造文書のユニークな生産者です。
    我々は、唯一のオリジナル高品質の偽造パスポート、運転免許証、 IDカード、などの国の数のスタンプと他の製品を提供しています。
    米国、オーストラリア、ベルギー、ブラジル、カナダ、イタリア、フィンランド、フランス、ドイツ、イスラエル、メキシコ、オランダ、南アフリカ、スペイン、イギリス。このリストは完全ではありません。
                   
    追加情報を取得し、ちょうど私たちのウェブサイトを訪問する順番を配置するには:

    http://www.falsedocuments.cc /ht tp:/ /w ww.falsedocuments .cc

    私達の偽の文書を注文するには、当社のE -メールにお問い合わせを送信してください。

    一般的なサポート: support@falsedocuments.cc

    テクニカルサポート: tech@falsedocuments.cc

    http://falsedocuments.cc/inside/pp-uk-open-big.jpg
    http://falsedocuments.cc/inside/pp-br-open-big.jpg

〒398-0001 長野県大町市青木湖20742-2 SystemA
Tel:0261-23-1655 Fax:0261-23-1943 Mail:gibora@system-a.org