blog@技ボラ


debug:use single.php template

シングルとダブルⅢ

まだシングルとダブルか...?

意味がぜんぜん違いますが、ボロPCを富士通に取り替えたすぐ後、かねてよりお願いしていたもう一台の中古PCが届いたのです。ダブルだぁ~~っ!!

「ゲッ、もう一台かヨ.....ズズズゥ~。」
でもって、ことはついでだともう一台のセッティングを始めました。
これはさすがに「フォーラム8」、おそらく事務用に使っていたものだと思いますが骨董品の割には当時かなり高スペックのDELLデスクトップでした。
こちらも「富士通」同様事務所で使えるように最低限のセッティングをしました。

そんなわけで今回一気に2台のPCを入れ替えましたが、どちらも大町で先日あった民間の電気製品廃棄物、金属ごみの回収所に大山になっていた品物と大差ない代物でした。
(不肖技ボラもデスクトップ、デスクアンダー?、ノート等約15台、他数々の電気電子製品もろもろを連日処分しに行きました。)

ではいったいPCの寿命はどのくらいなのか?
私個人は一応こんなことを仕事にしているので貧乏ながらできれば最大でも2,3年前くらいの機材を使用したいところですが(前にも述べたように今使用しているノートは5年のキャリアになります。)、一般家庭でPCを使用する場合、ネット環境やいわゆるコンテンツが巨大にならない限り、おそらく10年は余裕で使用できると考えています。
(NPO代表所有の富士通モバイルはメーカー表彰もんの長寿命で今も元気に働いています。いったいお前の年齢はいくつなんだ? 極めて頑強な筐体?立派としか言いようがありません。ちなみにOSはXP)

パソコンは端的に言って、まず簡単には壊れません。
それは従来の家電のように可動部分があまり無いからです。
ほとんどの場合最初に壊れるのがディスクドライブです。
これはパソコンで唯一物理的に動く、つまり機械的に磨耗したり衝撃で損傷するパーツだからです。
そのようなパーツは廉価な部品の交換で簡単に直りますしその後も十分稼動できます。
ですから通常パソコンの買い替えは、どちらかというと個々が必要とするデータの要求スペックに大きく依存しているわけです。

最近のネット上コンテンツはどんどん重くなっています。
回線がADSLや光だとTV視聴はもちろん往年の映画を鑑賞することも可能になりました。
ところが数年前のPCでは画像処理能力やストレージ(データ保存デバイス)だけが貧弱なために「もう古い・遅い・旧式だ」等と評価され廃棄されているのです。

でも私が管理している工房ではそんなPCでも元気いっぱいで動いています。
なんと、今稼動している液晶ディスプレーはエイゾウという垂涎ものの一流メーカー製です。
会員の方がどこからか拾ってきてくれたものです。
こんな工房でさえ、今回液晶ディスプレーが一台余ってしまいました。
こんなことではCO2削減なんて夢のまた夢か???
*********************************************

でもって、ボロDellの以前の壁紙が素敵な自家調達の草薙バージョンでしたのでそれを探すのに結構苦労しましたが(^^;

そんな時の為にお気に入りの壁紙等システムに関連するファイルはなるべくウィンドウズディレクトリとかに置くようにしましょネ。

たぶんシリーズ最終版...シングルとダブルⅣに続く

Posted in blog and つれれれ草 10 years, 8 months ago at 10:42 PM.

Add a comment

No Repliesは淋しいっス

Feel free to leave a reply using the form below!


Leave a Reply


〒398-0001 長野県大町市青木湖20742-2 SystemA
Tel:0261-23-1655 Fax:0261-23-1943 Mail:gibora@system-a.org